設営現場⑦ ヴァンテアンパネル ブースの作成

ヴァンテアンパネルを使用してブースを作る様子です。

今回使用するパネルサイズはH1800 W900です。


◎ヴァンテアンパネル組み立ての仕組み

パネルの連結枚数によってポールとベースの数が変わります。 
  パネル1枚単独……ポール・ベース2セット
  パネル2枚連結……ポール・ベース3セット
→パネル2枚に対して、単独で立てる場合は4セット、連結する場合は3セットとなります。

例 パネル50枚をご希望の場合
  10枚連結を5セット……組み立てに必要なポール・ベースは55セット
  1枚ごとに組み立てを50枚……必要なポール・ベースは100セット
このように変わります。
お手数ですが、ご依頼の際はレイアウトを教えてください。
それをもとに必要なポール・ベースの数を計算して用意いたします。

 

以下はブースの作成例です。

 

搬入から設置、撤去・搬出すべてお任せください。
搬入出申請、業者登録などありましたら事前にお知らせください。

 

背面が2枚連結、横1枚です。
組み立てに必要なベース・ポールを用意してパネルの横に差し込んでいきます。


会場の中心を基準に組み立てます。
(壁とパネルの間を通行できるようにしたい。隣のブースとの間隔を〇〇センチあけたい。)
などございましたら会場寸法を元にレイアウトを計算していただき、お申し付けください。
現場判断で建物の柱や障害物などでレイアウト通り組めない場合もあります。
その場合、担当からお客様に相談させていただきますのでご了承願います。

 

ヴァンテアンパネルへの掲示物の張り出しは無料貸出の画鋲を使用してください。(ご自身でご用意していただいても構いません)
テープ類(粘着の弱いタイプも)の使用はお断りしています。
パネルクロス面が剥がれてしまいます。
…万が一、破損等が生じた場合は修理費を請求させていただきます。

 

あわせてテーブルやイスなどのレンタルも可能です。
関連商品をご覧ください。その他の商品についてもご相談ください。

 

 


 

2019年01月16日