ブログ ~商品紹介から施工現場まで~

担当の中野です。
こちらでは、施工現場の様子や商品の紹介等をさせていただきます。
下記をクリックしていただくと各記事をご覧いただけます。

 

 

ツイッターもよろしくお願いします。

パネルのレンタル.com Twitterアカウント→→https://twitter.com/panel_rental

 


 

ミラーパネルの設置

ミラーパネルとは?
衣桁の組み立て方

ヴァンテアンパネル用ベースのメンテナン

パネル枚数の出し方について     

ヴァンテアンパネルの設置について

設営現場⑤七五三     
設営現場④呉服展示会  

設営現場①大規模会場(ヴァンテアンパネル設営)

スポットライトの種類

ヴァンテアンパネルの特徴

設営現場②呉服展示会

設営現場③試着室


ブログ一覧

設営現場⑥ヴァンテアンパネル


本日はヴァンテアンパネルH1800W900の設営を行いました。
お客様から事前にいただいた配置図面を元に現場で詳細を打合せします。
図面上ではわからない柱や障害物によって実際にはパネルが入らない場合があります。
その点を踏まえて現場スタッフがお客様のご希望に沿ってパネルの連結や切り離しを判断し、
より良いプランをご提案いたします。何なりとお申し付けください。


 

ヴァンテアンパネルでは直線・直角・曲線など自在に連結ができる点がポイントです。
窓に沿って綺麗にパネルを並べることができます。

パネルの両サイドのベース部分が安定させるために上の図のように壁との間に隙間ができます。


 

当初、中央の柱を囲うパネルは切り離しでしたが、隙間があくと裏が見えてしまったりするので
連結をしてシャープに仕上げました。

 



パネルの連結をする枚数や隙間を開けて入り口にするなどレイアウトは
ご希望に応じて自由に並べることが出来ます。


2018年10月10日

ミラーパネルの設営


ミラーパネルの設営を行いました。
その時の様子を紹介します。

ミラーパネル1週間まで税込¥8,640
H2100×W900 重量は約30キロあり大型の商品です。
ミラーは映りがよい厚みのある上質なガラスを採用しています。
事故防止の観点からお客様ご自身での設置はお断りしております。
全てスタッフにお任せください。

今回はミラーパネル使用枚数10枚連結をしています。
連結することで大人数でのダンスレッスンなどに活用いただけます。

会場は体育館など大きな場所で使用される場合が多いです。

 

搬入出、設置・解体までお任せください。
弊社にご依頼いただける場合は、搬入出条件を会場様に確認をお願いします。
搬入出にかかる時間の猶予はどのくらいありますか?作業時間を計算して必要人員を決めます。
搬入車両の停車位置やそこから設置会場までの距離、フラットで台車のままの搬入が可能かどうか。
1段でも段差がある場合は台車が使えませんので、作業時間がかかることをご了承下さい。
フロアが違う場合に使用するエレベーターのサイズをご確認ください。
こちらもサイズによっては台車が使えないこともあります。
搬入経路や設置場所に養生が必要な場合もあります。
その他の特別事項などもご確認ください。(搬入搬出の受け入れの時間が決まっているなど)
必要情報が不足していると養生が出来ないなどのことで会場主様より搬入を断られてしまうことも考えられますので、
現場でのトラブル防止のためにもお手数ですが、事前にご確認いただき担当までお伝えください。
ご理解とご協力をお願いします。
不明な場合は弊社で過去に搬入をしている会場もありますので、ご相談下さい。

10枚のミラーパネルは保護材に挟み台車で安全に運べます。

自立のための付属部品。

こちらの会場では床板を傷つける恐れがあるので、接地面に養生を引く条件としています。
会場での用意がある場合とお客様での用意が必要な場合もありますので、
ご確認ください。

ベースにポールを差し込み準備をします。

ミラーパネルの設置位置と壁との間はどれくらいあけるかなどの
ご希望がありましたらお申し付けください。

順番に連結していきます。

ミラーパネルの連結部分に接続部品をいれます。

 

仕上げに専用クリーナーで拭き上げをおこないます。

隅々までチェックしたら、設置完了です。
ミラーを写したものか直接体育館を撮影したものかもわからないくらい
鮮明な写りが見ていただけるかと思います。
お陰様でミラーパネルは1年を通して大変好評をいただいている商品となります。
ご予約はお早めにお願い致します。

設置後の移動はできませんのでご了承ください。
ご利用終了後はスタッフが伺うまでそのままの状態にしておいて構いません。
責任を持って解体・搬出をおこないます。


2018年08月07日

ミラーパネルについて

ミラーパネルについて紹介します。
人気商品のため、ご注文の際はお早目にお問合せ下さい。

 

ミラーパネルW900H2100 1週間まで税込¥8,640
           以降7日ごとに税込¥4,320

1枚当たりおよそ30㎏の重量のある商品です。
1枚毎や複数枚連結が出来ます。
主にスタジオでの撮影時やホールや体育館でのダンスレッスン
1枚をたてて更衣室に使用出来ます。

【ご注意下さい。】

◆室内用です。
◆お客様でのミラーパネルの設置や移動は事故防止のため
 お断りしています。(お客様及び運送会社にお預けしての搬入出もできません。)
 ご理解とご協力をお願いします。
◆搬入時、ご使用場所での設置をスタッフが行います。
 ご利用が終わりましたら、そのまま置いたままにしてください。
 解体・撤去まで責任を持って行います。
◆万が一の転倒防止のため、ミラーへの過度な接触がないように十分お気をつけください。
◆ミラー面にマーカーを使用しないでください。
◆印付けなどテープをご利用の場合は、使用後に清掃をお願いします。

ミラーパネルはこの以下のように組み上げられています。
1、ミラーパネル組立のパーツです。

2、ミラーパネル本体の両脇は組立パーツの支柱が入るくぼみがあります。 

3、パーツがはまると1枚が立ち上がります。連結の場合続けてはめていきます。

ご利用のお客様が安全・安心にご利用していただけるよう、
専門スタッフが責任を持って搬入出・設置解体いたしますのでご安心ください。
ご注文をお待ちしております。

2018年07月04日

衣桁の組立

image35

いつもご利用いただき誠にありがとうございます。

本日は、和の什器を紹介します。

衣桁S/W(黒・白)房付扇形クリップ付き 1日から1か月まで S 税込¥2,376  W 税込¥2,700

※Sは片面掛け Wは両面掛け

 

設営から解体までスタッフにお任せください。

また、お客様ご自身で引き取りにお越しいただくことも可能です。
その際は、積載可能な車両でお越しください。

組立をご自身で行うという場合、こちらをご覧ください。

 

弊社の衣桁は展示される商品をさらに引き立たせるためにも高級感のある木製の物を取り扱いしています。
繊細な商品のため、1セット毎に専用の包みを使用しています。

 

※ご注意いただきたい点として

1、複数セットご注文の場合に他のセットとパーツを入れ替えないでください。
  セット毎にきちっとはまるようにしているので、入れ替えるとはまらなくなることや
  破損の恐れがありますので、1セット毎に組立をお願いします。

2、↑の画像の①の足の部分と③・⑤の差し込みが万が一うまくいかない場合においては、①の足を別の物に替えて組立をお願いします。
  ①の足に関しては取り換えても構いません。

3、直射日光や湿気の多いところでの展示や保管は避けてください。
  木製のため、変形する恐れがあります。

 

では、組立をしていきます。

 

①と②をセットします。
穴が合うように調整してください。


次に、2つのパーツの穴に向けて③と⑤を両サイドに差し込みます。
(上記に記載の通り、奥まで入りにくい場合は無理に差し込まないようにお願いします)

 

このように仕上がります。
③と⑤は次のパーツを差し込む穴が中央にありますので、
両サイドとも、穴を中央に向けて差し込んでください。

 

次に、③と⑤の中央のあたりに⑥を差し込みます。

 

差し込むとこのようになります。

 

さらに、③と⑤の上の部分に④を差し込みます。

 

ここまでくれば、ほぼ完成となります。

 

⑦吊るしの棒(Sは1本、Wは2本)と⑧クリップを掛ければ完成です。
いかがでしょうか?
わかりにくい点などありましたら、ご連絡ください。
説明の補足等、ご相談を承ります。

畳や毛氈(各色)など、一緒にご注文いただけます。
お客様からのご注文心よりお待ちしております。

2018年05月21日

メンテナンス その①


ヴァンテアンパネルの組立の際にはポールとベースが必要になります。

ご利用が終わり返却されたベースはメンテナンスが必要です。
汚れ落とし・錆防止のワックス・錆落としをおこないます。
お客様に出来るだけ綺麗な状態でお使いいただけるように努めています。

仕上げたベースは以下のように保管しています。
メッキはワックスで磨かれてピカピカです!
下見にお越しいただくお客様にも見てわかりやすいようにパネルやベースなどの商品管理をしています。
ヴァンテアンパネルのご利用が初めての方も商品管理倉庫までお越しいただければ、
ご覧になることができます。是非ご相談下さい。

 

 

※↓画像 
返却時のベースはほこりの付着や踏み跡がついたりするので、
汚れが目立ちします。


磨きをしている時の様子を紹介します。
汚れを落とした後、専用のワックスを使い磨き上げます。


わかりやすくひとつのベースに注目してみましょう。
液状のワックスを適量。


拭きのばしていきます。
車の洗車後のワックスがけをイメージしていただければ
わかりやすいかと思います。
この作業をひとつひとつ手作業で確認して、汚れを落とすものやワックスをかけるものを
選別します。


乾いた布で磨き上げ仕上げます。
もし錆があった場合、金属ブラシなどを使い錆落としをします。

べべではこういったメンテナンスを商品ひとつひとつ丁寧に行っています。
倉庫管理者、現場スタッフなど問わずメンテナンスをおこなって商品を大事にしています。
お客様に良い状態の商品を気持ちよく使っていただくためにも、商品の取り扱い方法についても
必ずご説明いたしますので、ご理解とご協力をお願い致します。


 

 

2018年05月11日
» 続きを読む